スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護予防について②

こんにちは(^o^)丿

今日は穏やかな春の陽気になっています。
連休明けにはもってこいの仕事日和ですね(≧∇≦)b


社名変更わずか2ヶ月目にして、わが社のコラボ商品ができましたヽ(^o^)丿
缶コーヒー

天下のドトールとのコラボですw爆
缶コーヒー アップ

………はぃ、すみません……
いつもの悪ふざけです^^;
w爆

上の缶コーヒーは先日 街中で見つけましたヽ(^o^)丿 
同じ名前ってだけで愛着がわきますね(^^)
味見はまだですが、きっとおいしいはず

みなさんも、もし見つけたら一度 飲んでみてくださいね(^o^)丿
…といっても、弊社とドトールはなんの関係もありませんよ
w爆

ちなみにうちの社名は「REAL」じゃなく「ReAL」(呼名はリアル)です

介護予防について②

    ・
    ・
    ・
…ただ この話については三つほど私見があります。…のつづきです

二つ目、
介護予防訪問介護には二つの特長があります。

(特徴ではなく、特長です)
①、
予防訪問介護には、生活援助と身体介護の区別がありません
要介護の訪問介護ではその両者は明確に区別され、単位も違います

(身体の方が生活よりも高めに設定されています)
多くの訪問介護事業所は、生活援助をしても身体介護をしても定額の報酬しか得られない予防訪問介護を(あくまでも一般論ですが)あまりいい風に評価していないようですが、利用者側(要支援)にとっては、これはとてもサービスだと思っています。

普段、生活援助と身体介護の分別に苦しんでいる私たち(弊所)は、この予防訪問介護のスタイルを高く評価しています(^^)
事実、実生活を「生活」と「身体」とに明確に区分するのは、とても難しいものです。


②、
介護サービスを利用者と一緒に行うという点です。
調理においても、掃除にしても、洗濯にしても、

「生活行為を利用者とヘルパーが一緒に行う」
というスタイルは予防訪問介護の大原則です。
一方、これが要介護者の訪問介護になりますと、この「一緒に行う」というサービスは
「自立支援見守り」
という身体介護になります。

(本来であれば生活援助なので「生活援助」の単位で算定するところですが)

予防訪問介護が介護保険対象外となくなった時、
たとえば、「調理」は「配食サービス」に置き換えられます

近年の配食サービスの進展と拡大は目覚ましいものがあり、それによる在宅サービスの選択肢の増加は利用者にとってとてもよいことだと思いますが、その反面、在宅介護サービスにおいて配食サービスが先行すると、しばしば訪問介護サービスが入りにくくなる、と言う場面が生じます。

生活にとって「食事」は要です。
その食事に(心身の問題によって)不自由が生じたとき、要支援者(要介助者)はとても生活に不安を感じ、サービスの必要性を強く認識します。その不安が「配食」というサービスによって満たされてしますと、訪問介護は必要なくなります。

配食サービスと訪問介護のサービスの違いは、「能動性」です。
ヘルパーと一緒に生活を維持するという「能動的」な生活スタイルと、
「配食(弁当)待つ」という受動的な生活スタイル
どちらがより「介護予防的」なスタイルかは、明白ですよね。


そして、先にも述べてように、配食によって生活の要である「食事」に対する不安が解消されてしまうと、訪問介護の出番はありません。のちのちまで訪問介護サービスを使わないということが明確であればなんの心配もいりませんが、
もし要支援状態→要介護状態になり、いよいよ本格的な訪問介護サービスが必要となった場合、訪問介護の受け入れに抵抗があり、受け入れが悪い状況がありますと…、要介護者に適切なサービスを提供できない事態が生じます。


これは、また別の機会を設けてお書きすべき内容ですが、
訪問介護は介護サービスの中でも特殊な立ち位置にあります。
「他人を家に入れる」
ということに対して、人は(日本人は)強い不安と抵抗を感じます。

(支援・介護を受ける利用者だけでなく、家族も)
それは訪問介護は他の通所(デイサービス)などのサービスに比べ、とても受け入れが悪いサービスということを示しています。

ただでさえ 受け入れが悪いという特徴があるということに加え、上記の配食による効果によってさらに受け入れが悪くなりますと、要介護状態になった際の利用者の在宅生活の幅は大きく狭まります。

「在宅介護をデイサービスとショートステイを中心とした通い系に切り替えていく」
というのが、今後の介護保険の方針なのか、
それとも財源対策のみに焦点を絞った方向転換、
なのかはわかりませんが、もう少し先を見据えた展開をしないと、いくらテコ入れをしたところで、
「これでは制度(介護保険)が長続きしない」
…というのが、現場における率直な感想です。

「中央(国)の財政が厳しいから、地方(自治体)に移行する」
というのは、どの政策においても定石だとは思いますが、
この介護における政策の変更が、
国が支えられなかったサービスをはるかに規模が小さい自治体レベルで支えきれるのか…、
という点と、
国民・市民の今後の生活の在り方、
について、
よくよく議論された結果であることを祈ります。

では次回は三つ目です(^o^)丿

みなさま、今日もお疲れさまですヽ(^o^)
スポンサーサイト

介護予防について①

みなさん、こんばんは(^o^)丿

今日は3月21日
春分の日

お彼岸
さくら餅

ですが、この寒さ(*_*;
あ~さむい~((((;゚Д゚))))サムー
ニュース

↑東北地方から以北は真冬状態(@_@;)

あわよくば クルマのタイヤ交換を…
とのもくろみは、この寒さと雪に一蹴… ☆)))XoX) ア、アレェェェェ


この寒さついでにw、さらに凍るようなお話をしますとw、
わが事業所に、なんと今月末 「監査(実施指導)」なるものがやってまいる予定です( ̄_ ̄|||)
法人の変更に、事業所引っ越し、新事業所の改装段取り、デイ、タクシーの新規申請など…、今年に入ってから、まった息つく暇もありませんΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


と、いうことで、何が言いたいかと申しますと…
このブログのマニアな読者さま達ならすでに「ピン」と来ていると思いますが
w爆

はい、ブログがオシオシになっている言い訳です(;一_一)w爆
相変わらず、凝りもせず、こんな調子ですw爆(_△_;〃
ほんとに、すみませんm(__)m


たまには真剣に訪問介護のお話をしませんと、これがなんのブログだったのか私もみなさんも忘れてしまいますねw爆

さて、最近、私たちの予想を上回る勢いで増えているのが
「(介護)予防訪問介護」のご依頼(^^)


ん~たしか 次の制度改正(平成27年)で「介護予防」は介護保険から外れると伺っているのですが、これに逆行する流れが現場ではみられています(@_@)

「介護予防」は前々回の制度改正
H17年…介護保険制度最初の改正)
中核をなした部分でした。

「介護予防」とは…
「要介護」状態になるのを予防するための取り組みと、それに関する各種サービスを示します。
軽介助者kai

その背景には、超高齢社会にむけて増え続ける(また、それが予想される)要介護者とその介護費用がありました。

(実は翌年平成18年には、日本は高齢者割合が21%を超え、超高齢社会になりました)
介護保険の目玉だった「介護予防」がなぜ介護保険から外されるのか。
そこには政府と厚労省の想定を上回る介護費用の増加があります(=_=)


要支援を介護保険から外すと4000億円が減るとのことですが、
介護給付費(介護保険が負担する費用)は7.2兆円
その割合は5.5%ほど(-_-;)


ん~、8パーセントになる消費税率よりも低いパーセンテージです(@_@;)
この程度の削減で、財政的な問題は少しは解消されるんですかね…。


と、この辺は政府や官僚さん達の範疇ですので、素人はあまり口出ししないでおきます(゜_゜>)

「介護予防」の中で「介護保険」から外れるものと、外れないものがあるんですよね。
ちなみに訪問介護(介護予防訪問介護)は外れます
では要支援の方々はH27年以降どうするのか、
介護保険から外れた予防介護サービスは「地域支援事業」に移行する……とか。
じゃ その「地域支援事業」ってなに?
ってすすめますと、延々と続きますので、今回は簡潔な説明で勘弁してください^^;


「地域支援事業」とは自治体が実施責任の主体となって行う「介護予防事業」です。
つまり H27年以降は自治体が要支援の方達の対応をしていく、ということのようですβ(□-□ )

自治体が行う事業以外は認めないのか、
それとも実質 今行っているサービスについては経過措置等で対応するのか、
現時点で、私は正確な情報を持ち合わせていません。

ただ この話については三つほど意見があります。

一つ目、
介護保険一回目の改正で加えられた「介護予防」という考え方や体制は、それ以降の財政難を見据えた展開であったはずなのに、その10年後にまた同じ「財政難」という理由でいとも簡単にその方向性を修正してしまうというあさはかさには…
申し訳ない表現ですが、
国策としてはかなり「ずさん」さ
を感じてしまいます(;一_一)しかもそこには現場の実情(市民の実生活)が勘案されていない印象をうけます(@_@)これは介護者を抱えている市民の方々や、介護に携わっている職種の方々も、同意見だと思います。


と、かなり長くなったので、この続きは明日に(^o^)丿

冷たい雨になっています(*_*;
そして山沿いはみぞれ~雪です(@_@;)

みなさま、カラダ冷やされませんよう(^^)

いい連休を(^o^)丿

相手に伝える

おはようございます(^o^)丿


昨日今日はかなり冷え込んでいますが快晴
3月11日 天気

一昨日は真冬に戻ったような(=_=)
3月10日雪
団地内もこのありさまです(*_*;
団地の中
この時期になると、除雪の腰も重いですね。

3月に入った途端に寒の戻り…。今年は暖冬かと思っていたのですが、この調子だと、桜の開花も例年並みになりそうです。

にしても、卒業式シーズンに「この寒さ」は堪えます(>_<) あの体育館の冷蔵庫のような寒さは…想像するだけで体のシンから冷えます((((;゚Д゚))))サムー
真冬のような寒さの中、卒業式を迎えられた卒業生、ならびにそのご家族様、おめでとうございます。そして、寒い中、長い式典、おつかれさまでした(^o^)丿



さて 今日の話題は「携帯電話」について。
(だから訪介の話をしろ…ってね^^;)

私は相変わらずガラケー(フィーチャーフォン)なのですが、
フィーチャーフォン
子どもは初めての携帯でありながら「スマホ」を使っています。
ドラクエスマホ

値段が私のパソコンより高く、しかも高性能(@_@;)  これが電話…? デンワ…?
いや、いまや携帯電話は、特にスマホは情報端末ですよね。子どもが持つモノとしてはレベルが高すぎるような気がしますが…、そこは時代の流れ…ε=ε=ヘ(;゚∇゚)ノ  ポケベルすらなかった私の学生時代が懐かしいですw爆

ポケベル

そんな「昭和な」私にw、「スマホ」が使いこなせるわがなく…、私は未だにガラケーです m(_ _)m
「デンワ」としてならこれで十分(^○^)

( ↑はい、もちろん 負け惜しみですw爆(;一_一) )

と、あらぬ方向に話がずれていってますが、わが子のスマホを買いに行ったのはつい最近のこと。 卒業後のラッシュを嫌っての先行購入でしたが、しかし販売店内はすでに満員(@_@;) 

カウンターに案内され契約や機器の説明をいただいたのですが、これがまた複雑怪奇(*_*; そのうえ販売員のおねぇさんの口調も早い、はやい(@_@;)
「よろしいでしょうか?」
と聞かれるたびに内心
「……?????」
ですが、話はドンドン先に… Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


「料金についてですが…」
と、この料金体系がまた難解(@_@;)
料金体系
機器の使い方以上に分かりません。やっと返せた答えが…
「じゃ、それで…」
笑えない…。これじゃ完全に相手を信用するしかありません(@_@)


この説明を受けている間、私は介護保険について考えていました。
おそらく、介護保険を初めて使う利用者とその家族の方も同じ状況、心境なんだろうな…と。
「専門の人がいうんだから間違いない」
この思いだけが頼りです。
私たちはその思いに応えられているだろうか。
介護保険や、その関連の制度の説明をする時、この携帯ショップの販売員みたいな説明になっていないだろうか…。

説明する側は、説明する内容を熟知し、また説明自体も慣れているために、どうしても自分主体、主導の説明に陥りがちです。しかしそれが相手に通じているか、理解してもらえてるかは、相手の表情や仕草で読み取る必要があります。
もちろん利用者の中には
「公的制度なんやで、説明は不要、そっちに任せる」
というスタイルの方もいらっしゃいますが、多くの方は
「制度やサービスを十分理解して使いたい」
とお考えのはず。そのご期待にお応えしないとなぁ…

と、携帯ショップのカウンターに座りながら考えていました。


頭があちらにいっている間におねぇさんの説明が無事終了?しw、戴いたのは山ほどの契約書と説明書。まったく怪しくない契約書ですが、よく分からない内容にサインするのは、気が引けるものです。これも上と同じ意味で、介護保険サービスの契約書の際もみなさん同じ思いを抱いてらっしゃるんでしょうね…。
契約書

なんだかんだで、1時間弱の手続きでした。

子どもは新たなアイテムに大喜びですが、私は料金とアイテムのリスクに不安バリバリ。先が思いやられます(;一_一)

3月に入っても気温が低い日が続いています。日陰になっている道路には凍っている部分がありますので、運転には十分に気を付けてくださいね。

みなさま、おつかれさまです(^o^)丿

予防ってむずかしいですよね…(-_-;)

みなさん、こんにちは(^○^)

毎回同じ出だしですが、月末月初めは特に多忙を極め、気がつけばもう3月です。相変わらず、ブログ更新はグズグズですが、前ブログでその言い訳はしてあるのでもう安心ですw爆


と、今日は3月3日
と書こうとしたら今日は5日? まずい…(;一_一)
このブログを読みなれているマニアなみなさま、いつも通りのむちゃぶりですが今日は3月3日ということでw爆

3月3日はそう耳の日…の前にw 「ひなまつり」、桃の節句ですね(^^)
旧こころの家には「おだいりさ~まと、おひなさま~、ふ~たり合わせてスガシカオ~♪…w
スガシカオ
もとい、すましがお~♪」の、内裏様とお雛様があったのですが、今年はまだ新こころの家には見えてません(=_=)こころの家もまだ開設していませんし、来年のひなまつりにはきっとお二人もみえるはずです(^o^)丿

ということで、今年の「こころの家」のひな壇はこちらです↓
新こころの家のひな飾り
雰囲気出てます(^O^) 
「おめぇ、これダ〇ソーで見たやつじゃねーか!」
って?(@_@;) 
ま、まさか…w 世の中にはたくさん似たようなモノもありますし…って、はい、すみません、100均ですw爆 ←いつもお世話になっています^^;

さて、書きたいことが山盛りで、ネタ選びに迷うところですが…(悩む前に「訪問介護」に書けって話ですね…w爆)
今回はお便りの内容と絡めた「時事話題」で。

PM2.5
PM2,5

今 お便りでお送りしているのは「予防」ですが、この「予防」について、まずは「感染症」を対象にして考察してみました。
お便り、予防


その中で触れたのが「マスク」の効用」
ウイルスや細菌が感染源である感染症に対し、「マスク」はその「フィルター」としての役割を果たせるのか。


ウイルス、細菌の大きさとマスクの目の大きさを比較して、マスクがウイルスを遮断するには、物理的にマスクの網目がウイルスより細かくないといけませんよね。でも実際はマスクの網目はウイルスに比べたらぜんぜん荒いんです。ウイルスの大きさとマスクの目の大きさは、最少でも1:10くらいで、ウイルスの方が1/10くらいしかないんですよね。
たとえれば、バレーボールのネットに1㎝のスーパーボールを投げるイメージです。


バレーのネット(10センチ四方)↓
ネット
スーパーボール(直径1センチ)↓
スーパーボール

物理的には網目を通ってしまうのが当たり前のような気がします。では なぜマスクが「感染症予防」として用いられるのか?
そのあたりをお便りにまとめてみました。ポイントは
ウイルスや細菌が単体で空気中に存在していることがありえるのか、どうか、
だと思います。

ウイルスや細菌を含む「物体」がマスクで遮断できる「大きさ」か。

科学的な手法は実際に「やってみる」ことですが、ウイルスや細菌の感染を「人間」を対象に実際に「やってみる」ということはできません。


科学の「再現性」については賛否がありますし、予防についてはおそらくこの「再現性」は求められないと思うんですが、その予防の特徴をちゃんと知っておく、押さえておく、というのが、予防を行う上で大切になります。


と、このあたりはお便りで書いているので割愛しますね。で、今回の話題の「PM2.5」
PM2.5の正確な定義は専門家にお任せするとして、たしか「粒子の大きさが2.5マイクロメートル(μm】以下)」が定義でしたよねσ( ̄、 ̄=)
 (μmはmmの1/1000)

さきほどのマスクの話に戻りますが、普通の不織布マスクの網目のサイズとPM2.5のサイズが合わないんですよね…(-_-;) PM2.5が素通りしてしまうような…(@_@;)
そのPM2.5について、報道番組で言われていた対策は2つ。
マスク着用と
外出の自粛
TVではマスクを歩く映像が流れていましたが、
PM2,5とマスク

ん~
やっぱり「無駄な外出を控える」という啓発の方が適切のような気がします。


「予防する(している)」という表現は今ではあたりまえ過ぎて、あまり深く考える機会はないですが、実はすごく難しい「考え方」「対策」であって、常に
「この対応できちんと予防できているのか」
という視点を持ち続けていないと、自己満足な予防対策、無効な予防方法に陥って恐れがあるんですよねβ(□-□ )


あたりまえと思っていた「予防対策」が実は「効果がない」と判明…
↑これが起こり得る可能性を常にその中に抱えている。
これが「予防」の特徴です(・∀<)


なるほど!
「ハ〇予防」に毎日取り組んでいたあの方法が効果がなかったのは、それが予防になってなかったからか~(^○^)
ハゲ仙人kai
と我が身に置き換えて解釈してます(^○^)w爆
って、それは違う?それはオマエの頭皮の問題だって?
おっしゃる通り(;一_一)
事実を事実と受け入れる素直な「こころ」を身につけま~す(^o^)丿w爆
目指せ、矢部謙三(^o^)丿オーッ!
矢部謙三

久しぶりに肌寒い日になりましたが、みなさん、今日も一日、頑張りましょう!(^o^)丿

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。