スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職の原点

こんにちは(^o^)丿

ブログがぐずっている間に
福井の梅雨が明けちゃいましたねw爆
ひまわりkai

今日も35℃超えの猛暑(@_@;)
アツ~ッ~(ヾ; ̄▽ ̄)ヾ


さて、
最近 ちまたで流行り?なのが、
ユマニチュード

考案者、実践者の
イヴ・ジネストさん↓
イヴ・ジネストさん

ん?だれかに似てるような…
あ!?私のが尊敬してやまない
アラン・プロスト大先生(ノ≧∇≦)ノ
アランkai2

ジネストさんもプロスト先生と同じ
フランスの方だそうです(^○^)

ユマニチュードの中心教義

1. 見つめること
2. 話しかけること
3. 触れること
4. 立つこと

分かりやすいですねβ(□-□ )

今までの「個々の技術」を包括的に体系化したもの

と解説されてますが、
そのとおりだと感じます。

体系化

この体系化がポイントです。

個々の技術や知識をまとめて一つの方向性を出す

つまり目的(や目標)をはっきりさせ、そちらに向かう


これがただの経験則と
理論化された方法論との
違いですよね。


ユマニチュードの教義を一つ一つみても
介護職なら
「あたりまえやん」
と思うことばかりですもんね。

さらに
「私たちもやってるし、なにをいまさら」
と思う介護職も大勢いると思います。

繰り返しますが、
ユマニチュードのキーは体系化です。

ただ
「知ってる」
「やっている」

だけではなく、
それを包括的に体系化して、
一般化する(正確には理論化、ですかね)
(誰にでも理解でき、また実践できるようにする)

この体系化、
現場の介護職が一番苦手としていることです(´∇`;)ゞ

私たちもそうですが、
現場の介護職には

「経験則至上主義」

があります。


やってることはユマニチュードそのものでも、
それを個人の経験以上のモノにできない。



ユマニチュードが一般市民の方ではなく、
介護職等の専門職に向けたモノのように
感じられるのは、
マグニチュードが

日ごろ介護職が実践しているケアの体系化

そのものだからかもしれません。


これから
ユマニチュードはまだまだあちこちで
とりあげられるとは思いますが、

私たち介護職は
上記の視点で、
このユマニチュードを学ぶと、

おそらく
とても得るモノが多いのではないでしょうか(≧∇≦)b



介護職の原点回帰



マグニチュードの流行(の兆し)には
その流れがあるように感じられます。
桜庭さん




みなさん、バテてないですか?
バテ防止といえば、おっとの丑の日、
みなさん、うなぎ食べましたか(^○^)

うなぎ

夏は体力が勝負( ̄▽ ̄)
スタミナがつくモノをたくさん食べて、
のりきりましょう(^o^)丿
スポンサーサイト

「気持ち」がさき

こんにちは(^o^)丿

関東甲信地方が梅雨明け
しましたねー。
梅雨明け

北陸地方もボチボチですかね( ̄▽ ̄)

そして
今回もまたまたサッカーネタですw
ワールドカップ終わってから
連ネタw
相変わらず、やりたいほーだいなブログですw爆^^;

さて、
前回もお書きしましたが、
私はサッカーについて完全にド素人です。

それゆえ
プロサッカー選手も有名…いえ超有名な方しか知りませんがw
日本代表の中で個人的に好きな選手は

長友(佑都)さんです。
長友

理由?
理由は…とくに…(´∇`;)ゞ
だって、サッカーよく知らないですし…w爆

でも
なんか好きなんですよね( ̄▽ ̄)

一生懸命さ、
真摯さ、
ひたむきさ、

ワールドカップで敗退が決まった時のあの涙の会見…
長友2

人柄が出てましたよね(^○^)

ん~
でも、
こうやって言葉で説明していると…
ちょっと違和感があるんですよねぇ^^;
的確な表現(説明)でないというか…σ( ̄、 ̄=)


「自分の感情や気持ちを適切に言語化できない」


ん~
普通はそう言いますよね。
でも、
本当はちょっと違うんです。

これを脳科学的な見方、
もしくは認知科学的な視点からみると、

「好き」が先で
「言葉」があとなんです。

みなさん、
違和感ありませんか?
この順番

私たちは普段、
「言葉」(思考)の働きがあまりにも
スムースなため

言葉(思考)→感情

の順番に違和感を覚えません。

また、
言葉(思考)、もしくは意志によって
感情をコントロールしているように
も感じます。

しかし、
昨今の脳神経科学は
それが「逆」である
ということを証明しています。

言葉は感情(情動)のあとになるため、
言葉が感情を表現する場合、
その両者にズレが生じたり、
不適切な内容になってしまうことがあります。

あまりピンとこないですよね^^;

でも、
これ、
高齢者や精神障害者、
もしくは知的障害者の方と
関わっていると、
この
感情→言葉(思考)
の順番がとてもよく分かります。

話を戻すと、
私が長友さんを好きなのは
感情であって思考でないため、
言葉で適切に表現できなくてもしかたない
ってことなんですよね(^o^


無理に表現しようとすると、
どうしてもその表現(言葉での説明)に
違和感を覚えてしまう…。

だから
ただ単に
「好きなんです」

ということで終わらすのが一番(ノ≧∇≦)ノ



会話のネタ的に、
「あぁや、こぅや」と
説明のやり取りをするのはとても楽しいですし、
普段はあまりこんなことを意識する必要はないですが、

認知症や
精神障害、
もしくは
知的障害
がある方と接する時は、
この視点を持っていると
その方の言動を理解しやすくなるので、

また参考になさってくださいね(^o^)丿



「「知らない」ということ

こんにちは(^o^)丿

前回のブログを少しひっぱります。
<ワールドカッップ・ブラジル大会終了>

サッカーばっかりをネタにすると、
「この人、どんだけサッカー好き(-_-;)」
と思われそうですがw

こうみえて私
サッカーはド素人ですw爆

サッカーで知ってるのは
トラベリングぐらい・・
え?トラベリングはバスケのルール?

だってこういう場面↓を見たことがありますよ(@_@)
神の手ゴール

これって手で…
え?この話はサッカー界ではご法度(@_@;)w爆

通称「神の手ゴール」

神の手って…(≧m≦)
だって、ほらやっぱりマラドーナさんの「手」
…ウググググ…

はい、これ以上は言いません"/(*▽*) w爆

とにかく、私はサッカーについては
メジャーな試合を時々TV鑑賞する程度の素人です。

そのド素人の私が、
今大会のブラジルの印象や敗因
語るとすれば、

昔から言われているように、
ブラジルサッカーの特徴は
個人技、個人の力量が基本
スーパープレー
個人に依存するスタイルな為、

エースのネイマールの欠場
大きく響いたのかな、

って程度です。


でも
きっと二国の今大会の結果は
そんな単純なものではないはず


例えば
この方の意見↓
オシム
そう、日本代表の元監督(2006年)、
オシムさん

オシムさんの考察

ブラジルの敗因の一つは
「メンタル面」にあったと言います。

ブラジルは、
ベスト8で終わった
4年前の南アフリカ大会の反省から
若手中心のチーム編成。

今大会では
開催国、そしてサッカー王国として、
「絶対優勝」
という国家規模の目標と期待がありました。

それが
若いチームに
私たちの想像をはるかに超えた
プレッシャーをかけ続けました。

それが顕在化したのが、
あの対ドイツ戦。
ドイツかつ
1-7の大敗。

先制されても、
いつものブラジルならそこから反撃に入るところですが、
糸が切れたかのように一気に崩れました。


知らないということは
こういうことなんですよね
(@_@)


サッカーについて
豊富な知識情報、そして経験がないと
私のような浅い洞察しかできません。

一方のオシムさん
サッカー界を代表する指導者、
サッカーに対する
分析力、洞察力は超一流
その裏付けになっているのは、
第一線の指導者としての
豊富な知識、情報、そして経験。


孔子さんもおっしゃってます。
「知らざるを知らずと為す是知るなり」
(知らないことは知らない、と自覚する。
これが本当の<知る>ということ)


物事を考える時、
自分が本当にその事柄について
精通しているか、
正しい情報をもっているか、
そして、
それを裏付けするだけの十分な経験があるか、


<知っている>
<分かっている>

つもりになっていないか、



全世界に
たくさんの感動と
衝撃をあたえた
ブラジル大会に

私個人、
改めて、
オフセット気味に
感じさせられたことでしたε=(ノ≧∇≦)ノ




ブラジル大会終了(^o^)丿

こんにちは(^o^)丿

ご無沙汰していました。

ワールドカップ2014、ブラジル大会
終わりましたね。


南米開催ということで、
開催国ブラジル、
そしてアルゼンチン、
など南米各国の活躍が期待されました。


しかし、準決勝、
開催国、かつサッカー王国のブラジルが
ドイツに<1-7>の大敗
ドイツかつ

ブラジルと共に南米サッカーを支えている
アルゼンチンは強豪オランダを破り決勝進出
アルゼンチン

決勝はサッカーを盛り上げている二つの大陸

南米 VS ヨーロッパ

の構図。

アルゼンチンが勝ち、南米全体がカーニバル状態
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
のシナリオ通りの展開かと思いきや・・・

ドイツ
ブラジルを破った勢いのまま
優勝しました(≧∇≦)b
ドイツ代表

私たち、遠く離れたアジアの国々にとっては、
どちらが勝っても

「さすが!」

と、
素直に感動するだけですが、

サッカーをメジャースポーツにしている両大陸にとっては、
この結果は死活問題なのかもしれません。

とくに南米各国。

ブラジル敗退の原因の一つと言われている
エース「ネイマール」選手のケガによる欠場
ネイマール
そのネイマール選手に
ケガを負わせた選手が命を狙われている
とかいった類の危ない話も聞かれます。

ここまでくると、さすがにスポーツを超えた問題。

サッカー選手としては、
本業のサッカーに集中し、その結果、そのにこそ、
純粋に評価が欲しいところでしょうが、

ワールドカップともなると、

<国同士の戦い>

という危険な要素

に、
かつ、

<個人の範囲を超えた責任>を個人に課す

という、


スポーツの枠を超えた
スポーツらしからぬオプションが付随してくるようです(-_-;)


そういった面もありつつも、

さすがワールドカップ!

スーパープレー、
スーパープレー

名試合

も、
たくさんありましたね(^o^)丿


次は4年後のロシア


選手にとっても
ファンにとっても、

長いようで短い期間です(^o^)

楽しみに待ちましょう( ̄▽ ̄)


2014年ワールドカップ
ブラジル大会

ブラジル大会

各国の選手のみなさん
ファンのみなさん


おつかれさまでした(^o^)丿


今季もいい大会でした(^o^)丿

まぁ、なんということでしょう~(ノ≧∇≦)ノ

こんばんは(^^)

気がつけば、7月(@_@;)
月末、月初めは、やはり忙しいですねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


みなさんはいかがお過ごしですか?


忙しさに気が付くのが遅れ…、
気がつけば、こころ事務所の改装が終わっていました(@_@;)
(んな、アホなw爆)

はい、
いつものブログ更新の<グズリ>が原因です^^;
すみませんm(__)m

ではお見せしましょう(^o^)丿
こころ事務所の

ビフォーアフター
タイトルコール

まずはトイレ↓
旧トイレ
足腰に堪えた和風な厠が…w

まぁ、なんということでしょう!w(声:加藤みどりさん)

誰でも負担なく使える洋式トイレに(≧∇≦)b↓
6kai.jpg

次にお風呂↓
旧お風呂
レトロかつ機能的だったお風呂が…

まぁ、なんということでしょう!w(声:加藤みどりさん)

昭和と平成がコラボした、なんとも趣のあるお風呂に大変身w爆↓
8.jpg

そして機能的な洗面台↓
洗面台

ビフォーがなくて申し訳ないですが、
とても機能性のました廊下↓
廊下

やるな!関組リフォーム( ̄▽ ̄)

任せてよかったです(^o^)丿
こころ事務所改装の総責任者「杉本敏」さん。
ライフケア

その実力、ホンモノです(≧∇≦)b

丁寧かつ迅速なリフォーム、
ありがとうございました(^o^)丿

さて、

次は、みなさんお待ちかねの




デイサービス「こころのいえ」

開所



カウントダウンですε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

近々、みなさんのところに、開所のごあいさつに参ります(^o^)丿


みなさんもぜひ、

「こころ事務所」

そして
開所マヂかの
「こころのいえ」

に、
遊びにいらしてくださいねぇ(^o^)丿


プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。