スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいう~①

こんにちは^^

天気はぐずついてますが、
気温は春の陽気になってきましたね~( ̄▽ ̄)

さて、
今回は前置きはそこそこに…(^^

先日、利用者さんのご家族さんから
手作りのケーキをご馳走になりました(≧∇≦)
ケーキ
ありがとうございます(^o^)丿

甘党の私には格別の一品!
いちごホイップクリーム、
とてもおいしかったです(ノ≧∇≦)ノ

ということで、
今回は予告通り、この「食べる」について。


「食べる」ことをきらいな人、苦手な人、ってあまりいませんよね?
(ダイエットしてる人、病気や体調管理で食事制限されている人、
 もしくは過食・拒食などの摂食障害の人を除いて)


TVでホンジャマカの石塚さんのグルメロケのシーンなんかを見ると、
「ほんと食べる時は人にとって至福のひとときなんだなぁ」って思って
しまいます(^^
無題
「まいう~♪」

・・・・
なんですが、
ここ近年、
介護業界には

「食べたくないのでは?」

という論調があるのを
みなさん、ご存知ですか?

誰に対して?

主に要介護者(介護の必要な方)、
つまり自分で食事ができず、食事介助が必要な方の
食事の在り方に対する意見、見解です。

例えば、
要介護度が高い高齢者
(寝たきりの方)
の食事介助。

食事介助中、
<なかなか口が開かない>
<開けることができない>
そのような状態は少なくありません。

それを
「食べたくない」
という意思表示として捉える

そういう介護観、人間観が業界の一部(スタッフ、事業所)にあります。


そういう考え方、捉え方は
介護施設現場でもありました。

普段食事介助にほとんどかかわらないスタッフ
(管理職、リハビリ職、事務職等々)
の一部から、介護度の高い方の食事介助に対して
そういう意見が散見されます。
しかし、
それは普段、その利用者や介護度の高い利用者の
食事に深くかかわっていない為、その方達の食事に対する
認識や理解が不足していることが原因であり、
かつ、直接食事介助をしていないので、
現場では主流な意見になりません。


在宅介護に携わってから、
そういう意見や見解が在宅介護にもあることを知り、
とても驚いています(@_@;)

家族さんは
介護やケアに関しては
多くの場合において素朴です。
「知らない」「できない」
というスタンスで、素直に要介護者の
状態やケアを受け入れてくださいます。

ところが、
家族さん以外に
介護保険や総合自立支援による
介護サービスも入りながら
在宅生活(在宅介護)が営まれている場合、

重度の方でも
私たちがいうところの(←これについてはまだ日を追って説明します)
<食べられなくなる状態>
までは食事(摂取量)は安定する、
と(私たちが勝手に)考えていましたが、

口を開けない=「食べたくない」意思表示

という方程式が
当然のように語られる実情が
決して少なくない場面、事例であります。


ん~

長くなりました(-_-;)

後半へつづく…(笑)


スポンサーサイト

特撮チョコ(^^

こんにちは(^o^)丿

先日、某「ヘルパーステーションこころ〇」の
スタッフさんより「こびり」をいただきました(笑)
IMG_0283kai.jpg
こ、これはぶいすり~~~!!!(@_@)
 〈仮面ライダーV3のことです…笑)

仮面ライダーオタクの私には容器ごと食べたくなる一品!
と、かじりつこうとしたところ…、ん!?…?

なにか妙な違和感が…
と、良く眺めていると、↓
IMG_0285kai.jpg
「なっ!!! ウルトラマン…!?(@_@;)」

これは仮面ライダーチョコのはずなのに、なぜウルトラマンが…。

まさかこれを作ったお菓子屋さんは
仮面ライダーもウルトラマンも同じ「特撮モノ」と、
二つを区別せずに包装紙を作り、混ぜいれたのか~(@_@;)

ちょと待て、ちょと待て、おにぃさ~ん!
ラッスンゴレラ・・・・・・・・
もとい(笑)
仮面ライダーとウルトラマンはぜんぜん違いますやん!

仮面ライダーは東映さん、
ウルトラマンは円谷プロさん、
しかも仮面ライダーは…

え?
だれもそんもん知らない…?って?
というか、
どうでもいい…?Σ( ̄ロ ̄lll)

・・・・

と、とにかく
大好物のチョコレート♪(o-∀-)
美味しくいただきました!
スタッフさん、ありがとうございました(^o^)丿

さて、
本題に…
っていうか、前置きが長すぎてもう紙面が~~(笑)

本題は次回に(笑)
内容は「食べる」♪(o-∀-)

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。