スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・こころの家の舞台裏①

こんにちは(^o^)丿

今日は年明けすでに5日目、月日の流れは本当に速いですね ( (ヽ(;^0^)/
このペースだと、明日には初夏がきますな
( ̄▽ ̄)w 
って、んなアホなッw爆

昔、こんな説を聞いたことがありますβ(□-□ )
年齢を重ねるごとに月日の流れが速く感じる理由(≧∇≦)

1歳の赤ん坊はその一年が一生(分)になります→長く感じる
2歳になると、一年が一生の1/2(2分の一)  →一年の感じ方が1歳児の半分に。
10歳になると、一年が一生の1/10(10分の1) →一年の感じ方が1歳児の1/10に。
20歳になると、一年が一生の1/20(20分の1) →一年の感じ方が1歳児の1/20に。
↓雑な図解ですみませんw
図解

と、いう論理で、一年の感じ方が年齢分の1になっていき、「経年に反比例して一年が短く感じるようになる」という説です。
「時間の流れ」(ここでいうところの1年の感じ方)は主観的なものです。
客観的には「一年は一年」、地球上であればどこでもいつでも時間的な長さが変わることはありません。しかし、生活の中で一年の長さがだんだん短くなるような気がします。この「気がする」というのが「主観」であり、この主観を科学的に説明する科学力と論理を人間はまだ持っていません。

って、あ~、ほんの前置きにしようと思った話が深すぎる~Σ( ̄ロ ̄lll)

いやな時間、苦痛な時間は長く感じます(=_=) 
時間が速く感じるというのは、裏を返せば「心地いい時期」を過ごしているということかもしれないなぁ…と思うこのごろです(≧∇≦)
って、強引な締め^^;


さて 本題に…
あ~前置きにページさきすぎた~(-_-;)

「新・こころの家の舞台裏」
紙面の関係上、おそらく二部構成になりますw爆
↑またかぃ…^^;w

「こころの家」は当初から福井市の南部に開設しようと考えていました。
しかしある事情で福井市での開設をあきらめ、本社のある越前町朝日地区での開設の運びとなりました。そのある事情が「新こころの家」の裏舞台の話にリンクします。

その事情とは…ってもったいぶるほどのことでもなくw
「物件」「お金」
とても現実的な問題でした(>_<)
当時、介護業界での実績がない弊社が銀行から多額の借入をするのは難しく…(T_T)資金面で厳しい状況でした。開設を希望していた地域で「物件」を確保することができなかったのです。

約一年半前までそんな状況だった弊社が、今回どのように「新・こころの家移転」にこぎつけたのか(^^)

はぃ、今回はここまでw爆
毎回毎回すみません…(>_<)

お詫びに、このブログのマニアな読者様限定企画
新こころの家の内部公開第二弾w爆(≧∇≦)b

メインとなるお部屋です。
新こころの家2新こころの家1
東向きの窓から光が入る明るい部屋です(^o^)丿

南側の廊下です。いろんな用途方法がありそうです。
新こころの家3

二階への階段。かなり急で利用者の方のご利用は実質不可能ということで、二階は事務所になる予定です。
新こころの家4



 
スポンサーサイト

コメント

この風邪はヘルパーさんから譲り受けました(◎-◎;)ありがとうございます。大事に育てますm(_ _)m
一年半は長いようで短かった(v_v)新こころの家も私達の思いがいっぱい詰まった場所。大切に育てて行きましょうね(@^▽^@)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。