スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測の限界

みなさん、こんにちは(^o^)丿

今日は雪?雨?
今年の雪は続きませんね(^^)
クルマの移動が多い私たちにはありがたい冬です(^o^)


一方で、昨日から関東のほうでは大雪だとか(*_*;
東京 雪
報道では歩行人があちこちで転倒したり、車が雪で走れなくなっている場面が繰り返し流れていました。

でも最近気になるのですが、天気や陽気についての報道が多いですよね?(@_@)
ついこの前までは「今日はぽかぽか陽気です」というニュースが流れていましたよね(^^)暖かくても、寒くても、雪が少なくても、雪が多くても、最近ではニュースになります。「平均並み」という言葉がよく使われますが、この「平均」という考え方は曲者で、決して「標準」という意味ではないんですよね。
「平年並みでないから『異常』」
ではなくて、暖かい日、寒い日があって、その平均が「平年並み」。つまり暖かい日も、寒い日もあって、当然なんですが…σ( ̄、 ̄=)
今回の関東地方の雪については、
「東京都心で積雪27センチ、戦後4位 628人けが」
という表現をみると、統計からみて「異常値」になんでしょうね(*_*;

でもこれって、陽気の変動について、私たちの捉え方が地球温暖化や異常気象に繋がるから(世間が興味をもっているから)報道になるんでしょうね。
温暖化の報道によく使われる北極の氷の崩落の画
温暖化

人間の活動が地球規模の気象に影響を与えているのは必至ですが、ただそれが「温暖化」だけに現れてるってのは単純すぎるような気がします。太陽の活動や大気や海洋の循環システムは複雑で、「あぁなれば、こうなる」という単純な論理は成り立たないのは明快です。それを端的に表しているものの一つに「天気の長期予報」があります。長期予報って現にあまりアテになりませんよねぇ^^;今冬のこの状態も何人の天気予報士さんが予測できたか…^^; 3か月4か月先の天候の予期ですら今の科学力(計算力)では難しいんですよね、きっと。
その科学力で
「50年後の地球の気温が…℃上昇する(温暖化する)」
と言い切るはいささか強引すぎる気がします(@_@;)


温暖化や異常気象については思うこと、考えることがありますので、社会共通の課題として今後もちょくちょく登場すると思いますが、お付き合いくださいね(^o^)丿

今回のこの天候についてのくだり、福祉・介護と気象には、一見あまり共通項がないように思えますが、福祉・介護の対象者は「人」です。
「人」のこころと言動は「わかっているようで、分からない」
この点が天候(の予測)との共通しているところだと思っています。

ドラマに出てくるような「メンタリスト」なら、人の「こころ」を読んだり操ったりできると思いますが、それはあくまでも予定調和で展開する「ドラマ」な話。
メンタリスト


現実は人のこころや行動は、やっぱり難解ですよね(-_-;)

ヘルパーの提供時にも「分かった『つもり』」で関わるのは控えるよう努め、それはチームの共通項としています。


「女心と秋の空」
秋の空

「弁当忘れても傘忘れるな」
武生市

自分がもっている情報や知識だけでは、知り得ない、「予測」できないことがある。
それにどう対応していくか…、
これは人が生きる上での「命題」ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。