スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魅(み)せる」

みなさん、こんばんは(^o^)丿

ソチオリンピックも終わりましたねー。

ソチ閉会式
↑ソチオリンピックの閉会式
メダルは8個、冬の大会では長野のオリンピック(10個)に次ぐ数だとか(^^)でも、前に書いたように、メダルを獲る、獲らないは「運」要素も大きいですし、こういう大会はメダル数だけでなく、内容に注目した方がいいですね(^^)
浅田選手は成績だけ見ると6位入賞ですが、フリーの演技では他の選手を圧倒しましたしね(≧∇≦)b
真央ちゃん オリンピック

個人的には、今回の大会はとても見応えのあるものだったと思います(^o^)丿

さて、まったく個人的な話題ですが、ただいま引っ越しの真っ最中です。賃貸物件+核家族で大した荷物はないので、自分達でやろうと思っているんですが、さすがに白物家電は移動による故障も避けたいので、引っ越し屋さんに頼みました^^;
以来先は「ちゃんとしたお引っ越し」がキャッチフレーズのアーク引越センターさん。
アーク引っ越しセンター


日中の引っ越し作業でしたので、目の前で引っ越し作業を見ることができたのですが、その風景がちょっとびっくり+感動でした(^^) とにかく作業がスムーズ!かつスマート! キャッチフレーズを実感できたサービスでした(^○^)

最初は3人におにぃさん達で作業していたのですが、
ハリケンジャー
↑シュッシュッと参上~♪w
途中から3人のおにぃさん達が助っ人にかけつけ、計6人に(@_@)
ハリケンジャー6kai
↑ゴウライジャー&シュリケンジャー見参!w

賃貸アパートの決して広くない空間に体格のいい男性が6人も入ると、
「6人もいると、動きづらいよな…、どうなるかな^^;さて、お手並み拝見(^^)」
と若干意地悪く眺めているとw、見事に期待を裏切られました(@_@;) おにぃちゃん達の作業風景が、
3人の時以上に連携が取れたものに(*_* そして人数が倍になった以上に作業ペースがあがりました その手際のよさに「これは見事(≧∇≦)」と思わず、舌を巻いてしまいました。

「魅せる介護」

施設介護に携わっていたころ、私たちは良くチーム内で話をしました。ご本人はもちろん、ご家族や施設外の方に
『「さすが!」と言われる技術を身につけよう』

介護技術と言といえば、施設介護現場では『持ち上げない介護』『腰に負担がかけない介護術』が主流です。
これらはもちろん大切な介護技術ですが、私は個人的に少し物足りなさを感じていました。それはこれらの視点が<介助する側>にあったからです。

スライディングボード2
↑スライディングボードによる移乗介助
持ち上げない介護1
↑持ち上げない介護…リフト使用

介助者に負担がかからない=介助を受ける方も楽
というのは間違いありませんが、しかしこれらの技術は「魅せない」んです。感動がない(-_-)


「引っ越し」は「介護」以上の力仕事
スタッフのおにぃさんたちの体格の立派です↓

アーク引越センターのスタッフ

特別な技は使っていません。いくら重い家具・家電でもリフトなんかも用いません。家具が傷つかないよう毛布で梱包する様子や、運び出す順番、二人で作業する時の呼吸合わせ等がとにかくスムーズ。
複数スタッフでの共同作業で行います。
重い家具を抱え地上~3階をエレベーターなしで上り下りします。
もちろん「重い」とか「腰が痛い」とも言いません。



「重い」
「きつい」
「動きづらい」
(荷物を動かすだけの十分なスペースがない)
という「引っ越しという業務」に対して覚悟を決めている姿がそこにはありました。それが作業の「スマートさ」に表われていたんだと思います。


「私たち介護職はこの姿勢を忘れているな…」

引っ越し屋さんのおにぃさん達の作業風景をみながら、改めて「魅せる介護」について考えさせられました。

「利用者を車椅子に乗せる介助で腰が痛い?それがあなたたちの仕事でしょ」

と、この引っ越し屋さんのおにぃさん達に普通に言われてしまいそうです。「もっとも…」返す言葉もありません…(-_-;)



介護度の重い方の介護は確かに重労働ですが、それを「承知の上」とし、介助を受ける方にも、そして介助をみる方にも「さすが」と思わせることができる介護を目指していきたい、

それが私たちが施設介護で話していた「魅せる介護」でした。在宅介護でもそれは変わりません。

蛇足ですが、「魅せる介護」は重介助だけの話ではありません。自立度高い方への軽介助にも「魅せる」要素は多々あり、むしろそちらの方が「魅せる」部分は多いんです。


ということで(←まったく繋がっていませw爆)、転居した先の部屋にはまだネット環境がないんです(>_<)
これをもちまして、ブログがオシオシの言い訳とさせていただきますw爆
毎回毎回、ブログアップが遅くてすみません(>_<)

みなさま、今日も一日 お疲れさまでした(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。