スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護予防について①

みなさん、こんばんは(^o^)丿

今日は3月21日
春分の日

お彼岸
さくら餅

ですが、この寒さ(*_*;
あ~さむい~((((;゚Д゚))))サムー
ニュース

↑東北地方から以北は真冬状態(@_@;)

あわよくば クルマのタイヤ交換を…
とのもくろみは、この寒さと雪に一蹴… ☆)))XoX) ア、アレェェェェ


この寒さついでにw、さらに凍るようなお話をしますとw、
わが事業所に、なんと今月末 「監査(実施指導)」なるものがやってまいる予定です( ̄_ ̄|||)
法人の変更に、事業所引っ越し、新事業所の改装段取り、デイ、タクシーの新規申請など…、今年に入ってから、まった息つく暇もありませんΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


と、いうことで、何が言いたいかと申しますと…
このブログのマニアな読者さま達ならすでに「ピン」と来ていると思いますが
w爆

はい、ブログがオシオシになっている言い訳です(;一_一)w爆
相変わらず、凝りもせず、こんな調子ですw爆(_△_;〃
ほんとに、すみませんm(__)m


たまには真剣に訪問介護のお話をしませんと、これがなんのブログだったのか私もみなさんも忘れてしまいますねw爆

さて、最近、私たちの予想を上回る勢いで増えているのが
「(介護)予防訪問介護」のご依頼(^^)


ん~たしか 次の制度改正(平成27年)で「介護予防」は介護保険から外れると伺っているのですが、これに逆行する流れが現場ではみられています(@_@)

「介護予防」は前々回の制度改正
H17年…介護保険制度最初の改正)
中核をなした部分でした。

「介護予防」とは…
「要介護」状態になるのを予防するための取り組みと、それに関する各種サービスを示します。
軽介助者kai

その背景には、超高齢社会にむけて増え続ける(また、それが予想される)要介護者とその介護費用がありました。

(実は翌年平成18年には、日本は高齢者割合が21%を超え、超高齢社会になりました)
介護保険の目玉だった「介護予防」がなぜ介護保険から外されるのか。
そこには政府と厚労省の想定を上回る介護費用の増加があります(=_=)


要支援を介護保険から外すと4000億円が減るとのことですが、
介護給付費(介護保険が負担する費用)は7.2兆円
その割合は5.5%ほど(-_-;)


ん~、8パーセントになる消費税率よりも低いパーセンテージです(@_@;)
この程度の削減で、財政的な問題は少しは解消されるんですかね…。


と、この辺は政府や官僚さん達の範疇ですので、素人はあまり口出ししないでおきます(゜_゜>)

「介護予防」の中で「介護保険」から外れるものと、外れないものがあるんですよね。
ちなみに訪問介護(介護予防訪問介護)は外れます
では要支援の方々はH27年以降どうするのか、
介護保険から外れた予防介護サービスは「地域支援事業」に移行する……とか。
じゃ その「地域支援事業」ってなに?
ってすすめますと、延々と続きますので、今回は簡潔な説明で勘弁してください^^;


「地域支援事業」とは自治体が実施責任の主体となって行う「介護予防事業」です。
つまり H27年以降は自治体が要支援の方達の対応をしていく、ということのようですβ(□-□ )

自治体が行う事業以外は認めないのか、
それとも実質 今行っているサービスについては経過措置等で対応するのか、
現時点で、私は正確な情報を持ち合わせていません。

ただ この話については三つほど意見があります。

一つ目、
介護保険一回目の改正で加えられた「介護予防」という考え方や体制は、それ以降の財政難を見据えた展開であったはずなのに、その10年後にまた同じ「財政難」という理由でいとも簡単にその方向性を修正してしまうというあさはかさには…
申し訳ない表現ですが、
国策としてはかなり「ずさん」さ
を感じてしまいます(;一_一)しかもそこには現場の実情(市民の実生活)が勘案されていない印象をうけます(@_@)これは介護者を抱えている市民の方々や、介護に携わっている職種の方々も、同意見だと思います。


と、かなり長くなったので、この続きは明日に(^o^)丿

冷たい雨になっています(*_*;
そして山沿いはみぞれ~雪です(@_@;)

みなさま、カラダ冷やされませんよう(^^)

いい連休を(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント

まずはお久しぶりデスm(_ _)mペコリ☆
明日は来るのか~( ̄◇ ̄)オーイ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。