スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動式デイサービスの要

5月も半ば、

ツツジも終わり、梅雨に向けてまっしぐらの今日この頃、

今日は雨…
雨

雨2

昨日の蒸し暑さから一転、

今日は肌寒い一日、

体調がおかしくなりますね(-_-;)


こんな天気の、足元が悪い時に、大きく助かるのが、

コミュニティバス(^^)b

そう例の「移動式デイサービス」の続きです。

きっと今日も満員御礼のはず(ノ≧∇≦)ノ
満員御礼2

ん?その話題って、前回の記事で終わったんじゃないの?

って声が聞かれますがw

あるんです、続きがw

だって、デイサービスには職員(介護スタッフ)が必要でしょう?

その話がまだですw爆


私?

私はバスに乗る際はもちろん乗客であり、介護スタッフではありませんw


では誰が介護職なんでしょうβ(□-□ )

それは運転手さん
コミュニティバス3

その路線の運転手さんは、

推定年齢、60後半?
(もっと若かったらすみません^^; )

自身がもう立派な高齢者です。


コミュニティバスも他の路線バス同様、

「ワンマン」

です。



ある高齢の女性乗客、乗車時に歩道の段差につまづき、

小銭が散乱(@_@;)

すかさず、運転手さんが助けにかけつけます。
コミュニティバス2

もちろんその間、バスは停車中。

5分以上停車していても、

乗客の誰一人からもクレームはでません。

「大丈夫なんか?慌てんとの~」

心配とねぎらいの声がかかります。

日を改めて、その女性客が乗車してきた際、

「(ケガは)大丈夫でしたか?」

と、運転手さんはその女性の方に声掛けをかけてました。

一人一人の乗客を覚えており、適切な「援助」を行います。



停留所を無視した停車は日常。

「〇〇さん、家の前でいいですか?」

と、その方の家の前に停車。停車する間、

見守り、

必要があれば

乗降介助、

そして

買物で膨れたカバンを玄関先まで配達。
コミュニティバス



「その辺にいる介護職よりも、できる!(@_@)」


個々を分別した援助に、見とれてしまいました。


極めつけはマイクを使っての会話。

運行中もバス内全体を見渡し、

マイクを使って話しかけたり、返事をしたり、そして会話をしたりしてます。

視野が広い!

結構なお年のようにお見受けしますが、

まったくその年を感じさせない、

いや逆に、

その年齢だからこその、

視野、気配り、そして余裕。


コミュニティバス、恐るべし!(≧∇≦)b



バスの雰囲気、

運転手の一挙手一投足、

勉強になります。


乗客にとって、バス内に

「活きたリハビリ」

があるのなら、


介護職の私には、バス内に

「活きた介護」

が見えました。


専門職でなくても、


介護のプロがいる。


高齢者が高齢者が支える社会、


高齢化社会を超え、高齢社会に入ったいま、

今後の社会の在り方を垣間見た気がしました。

こころあたたまる「ひととき」でした。

ありがとうございます。


また乗りに行きます(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

こころ研修担当

Author:こころ研修担当
「ケアセンターこころ」は福井市南部の杉の木台団地内、中野にある福祉・介護サービス事業所です。地元を基盤にしつつ、広いエリアをカバーしています。施設介護経験者のスタッフで、施設と在宅の垣根を超えた幅のあるケアで在宅だ暮らすみなさまのお力になれるよう頑張っています。画像はこころ庭に咲くこころ桜です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
見えるこころ
現在の閲覧者数:
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。